リンク

  • 2018.01.30
    学校環境緑化モデル事業完成式典が開催されました。

    学校環境緑化モデル事業は株式会社ローソン様が店頭でお客様からいただいた募金と会社からの寄付を国土緑化推進機構を通じて全国の小学校などの環境整備に活用させていただいているものです。
    全国で60校。群馬県内で今年は高崎市立新町第二小学校が選定され整備が行われました。
    完成式には学校関係者ばかりでなくPTA会長さんや地域の2地区の区長さん、青少年問題協議会長さんも列席され地域に見守られた学校であることを実感しました。
    地元のローソン新町店のオーナーから,子供たちの将来を育むローソンの取り組みについて説明をいただきました。
    当委員会からも、この事業の意義と自然体験の必要性を説明させていただきました。

    このようなあたたかい環境の中で、自然環境を学んだ子どもたちが将来も、身近な緑や森林などの問題について関心を持ち、その子ども達にも受け継がれることを期待します。

    この事業は毎年これから募集が始まります。各市町村から学校へ照会が行くと思いますが、内容の照会などがあれば当委員会へお問い合わせください。
  • 2018.01.25
    群馬トヨペット株式会社様から、今年も「緑の募金」をいただきました。
    (写真をクリックすると大きい写真が見られます。)
    群馬トヨペット様より、今年も30万円を超える寄附金の贈呈がありました。
    同社は、平成18年度から毎年、4月から10月まで「ふれあいグリーンキャンペーン」の一環として緑の募金活動を行っていただいております。
    店舗など27箇所に募金箱を置き、顧客や従業員の皆様から集めた募金に、同社の企業募金を加えてご寄附いただきました。
    今年で12年目、累計額は382万円余となりました。
    受納式は1月25日に県庁で行われ、同社の大山常務取締役と日野従業員組合長から、八木原理事長と須藤群馬県緑化推進委員会理事(環境森林部長)に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    大変ありがとうございました。