リンク

  • 2017.09.13
    第45回巨樹・古木めぐりツアーの実施について

    県内各地には、悠久の時によって育まれた巨樹・古木が数多く存在します。
    これらの木々は、昔より地域の人々の営みを長い間見守ってきた歴史の証人であり、振興の対象あるいは地域のシンボルとして、人々の精神的な支えにもなってきました。
    「巨樹・古木巡りツアー」はこれら県内各地にある巨樹・古木を樹木医の解説により巡る日帰りバスツアーです。
    日 時:10月29日(日)8:30~17:00(雨天決行)
    集合場所:群馬県前橋合同庁舎駐車場(前橋市上細井町2142-1):東毛コース・吾妻コース
         群馬県太田合同庁舎駐車場(太田市西本町60-27):西毛コース・利根沼田コース の4コース
    参加費:2,000円/人
    定  員:各40名(うち吾妻・東毛コース各20人は前橋市在住の人、西毛・利根沼田コース各20名は太田市在住の人。)なお、応募者多数の場合は抽選とします。
    申込資格:16才以上の方
    その他:昼食は主催者が用意します。
    申込は、往復はがき又はメールで、〆切は、10月13日必着。
    申込方法:
     ①往復はがきの場合
        申込先:〒371-0854 前橋市大渡町1-10-7 (公社)群馬県緑化推進委員会 宛
        申込方法:往復はがきに参加者1組2名(1名での申込も可)の住所・氏名・年齢・電話番号・希望コース(第2希望まで)を記入のうえ、上記申込先に送付。
        抽選結果:返信用ハガキにて本人に通知します。
     ②メールの場合
        ここをクリックしてください。専用フォームがたちあがります。
        抽選結果:メールで本人に通知します。 
    なお、詳細について、お知りになりたい場合は次のPDFファイルをご覧ください PDF第45回巨樹・古木巡りツアーについて     
  • 2017.07.14
    平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」の決定について
     平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」について7月4日に開催された緑の募金運営協議会で
    申請があった7団体の活動内容について審議しました。
     書類審査等の結果、県内で活動が計画された以下の7団体のボランティア活動を支援することとしました。

     1 NPO法人 ぐんま緑のインタープリター協会
     2 NPO法人 フォレストぐんま21
     3 やまづくりくらぶ
     4 ステップアップくろほね
     5 里山クラブ
     6 桜並木里親の会
     7 農Cafe

  • 2017.5.20
    第71回群馬県植樹祭が開催されました

    「小さな芽 未来へつながる 希望の木」をテーマに第71回群馬県植樹祭が平成29年5月20日(土)多野郡神流町の神流川公園で開催されました。
    当日は天候に恵まれ1000人余りの参加をいただき盛大に実施されました。

    主催は、群馬県 神流町 (公社)群馬県緑化推進委員会 関東森林管理局 群馬県林政推進協議会 (一財)群馬県森林・緑整備基金 多野藤岡郷土緑化推進委員会 多野藤岡林業振興協会の8者です。
    9時30分からのオープニングアクトでは神流龍神太鼓の皆さんによる創作和太鼓演奏に続き、オハイアリィ神流の皆さんによるフラダンスが披露されました。
    10時からの式典で 群馬県知事による主催者代表挨拶、神流町長による開催地歓迎挨拶に続き、表彰が行われました。
    受賞者は、今回のテーマである緑化運動標語に採用された 茅野瑞希さん(前橋市立東小学校)とポスター原画に採用された 石井湧我さん(前橋市立第五小学校)が知事から表彰状を授与され
    緑化功労者として NPO法人神流町づくり衆紙ふうせん(神流町)紫陽花を育てる会(下仁田町)南橘地区自治会連合会(前橋市)の3団体が表彰されました。
    その後来賓と出席いただいた県議会議長や国会議員に皆様から祝辞をいただいたのち、万場町立万場小学校緑の少年団の 茂木陽さん新井咲里さんによる緑のメッセージの発表がありました。
    来年第72回群馬県植樹祭の開催が予定されている安中市長と神流町長とのリレーセレモニーとして少年団との苗木の交換が行われ、次期開催地として安中市長からの挨拶をいただき、式典は閉会し、引き続き対岸の植樹地で参加者による記念植樹が行われました。
  • 2017.05.26
    セーブオン様から「緑の募金」をいただきました

    株式会社セーブオン様より、105万円を超える寄附金の贈呈がありました。
    同社は、群馬県との地域活性化包括連携協定の一環として、平成29年1月17日~3月31日に群馬県内全店舗181店で緑の募金箱の設置に御協力いただきました。
    受納式は4月20日に県庁で行われ、同社の萩原群馬地区統括マネジャーから、須藤群馬県環境森林部長に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    株式会社セーブオン様、店頭でご寄付いただいた県民の皆様、大変ありがとうございました。
  • 2017.05.01
    平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」の公募について
    (公社)群馬県緑化推進委員会では、ボランティア団体が県内で行う自主的な森林づくり及び郷土緑化推進活動に対し、緑の募金の予算の範囲内でその活動に必要な経費の一部を交付する「緑化ボランティア活動補助事業」を行っています。この度、幅広い民間の非営利団体等の主体的・多様な参加を図るため、事業の公募を実施しますのでご案内いたします。

    1 募集期間 平成29年5月16日(火)から平成29年6月15日(木)まで(消印有効)

    2 交付対象 ボランティア団体が実施する森林づくり及び郷土緑化推進活動
           (詳細は「緑化ボランティア活動補助事業実施要項」の交付対象を参照のこと)

    3 事業期間 平成30年3月10日まで(実績報告書を平成30月3月15日までに提出していただきます)

    4 応募方法 「緑の募金実施要領」の別記様式3緑の募金事業認定申請書に「緑化ボランティア活動補助事業実施要項」別紙様式1実施計画を添付して、(公社)」群馬県緑化推進委員会に提出してください。

    5 審査会  申請内容については、第三者機関である「群馬県緑の募金運営協議会」で審査します。
           なお、審査基準を添付しましたので、申請に際しては事前にお読みください。

    6 結果発表 審査後、文書で通知いたします。(7月中旬を予定)

    7 その他  緑化ボランティア活動補助事業実施要項を平成28年4月1日付けで一部改正いたしましたので、注意して下さい。


    PDF緑の募金実施要領   PDF PDF緑化ボランティア活動補助事業実施要項
    PDF緑化ボランティア活動補助事業審査基準
  • 2017.04.17
    第44回巨樹・古木巡りツアーを実施しました
    県内各地には、悠久の時によって育まれた巨樹・古木が数多く存在します。
    これらの木々は、昔より地域の人々の営みを長い間見守ってきた歴史の証人であり、振興の対象あるいは地域のシンボルとして、人々の精神的な支えにもなってきました。
    「巨樹・古木巡りツアー」はこれら県内各地にある巨樹・古木を樹木医の解説により巡る日帰りバスツアーです。
    4月9日(日)は午前中は少し雨模様でしたが、午後は回復し、有意義な一日となりました。
    各コースごとの概要は、次のとおりです。

    ≪吾妻コース≫

    前橋合庁→下郷の大桑→金蔵寺のシダレザクラ→甲波宿禰神社の大ケヤキ→泉龍寺のコウヤマキ→三島神社のスギ→雙林寺の大カヤ・千本カシ→前橋合庁


    ≪東毛コース≫

    前橋合庁→横室の大カヤ→赤城神社のたわらスギ→反町薬師のクスノキ→浄蔵寺の大イチョウ→境高校のトウカエデ→連取の笠松→前橋合庁


    ≪西毛コース≫

    太田合庁→妙義神社のコウヤマキ・シラカシ→中正寺のシダレザクラ→仁叟寺のカヤ→水宮神社のケヤキ→萩原の笠松クロマツ→→太田合庁


    ≪利根沼田コース≫

    太田合庁→しばぎわのシナノキ・大イチイ→吉祥寺のヒメコマツ→発知の彼岸桜→馬かくれスギ→薄根の大クワ→太田合庁

  • 2016.12.21
    群馬トヨペット様から「緑の募金」をいただきました

    群馬トヨペット様より、45万円を超える寄附金の贈呈がありました。
    同社は、平成18年度から毎年、4月から10月まで「ふれあいグリーンキャンペーン」の一環として緑の募金活動を行っていただいております。
    店舗など27箇所に募金箱を置き、顧客や従業員の皆様から集めた募金に、同社の企業募金を加えてご寄附いただきました。
    受納式は12月21日に県庁で行われ、同社の大山代表取締役と一倉従業員組合長から、井田群馬県緑化推進委員会理事(環境森林部長)に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    大変ありがとうございました。
  • 2016.12.13
    今年も、テリー齋藤様から「緑の募金」をいただきました

    テリー齋藤さんは、みなかみ町出身。7年前から地元みなかみでもチャリティーコンサートを開催する等演奏活動をされる一方、緑の募金活動にも積極的に協力いただいております。
    今年も昨年に引き続きご寄付いただきました。
    ほんとうに、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。
    余談ですが、今年も10月14日に「愛のチャリティーコンサート」が開催されました。今年のテーマは「昭和歌謡」。アレンジも最高で、懐かしさと新しい発見とで、すばらしいコンサートでした。私事で恐縮ですが、事務局長も楽しませていただきました。例年のとおり大盛況で、来年の開催ももう決定したとの噂も。来年もぜひ聞きに行きますので、すてきな音楽をよろしくお願いします。
  • 2016.10.18
    群馬県ゴルフ場支配人会、(一財)群馬県森林・緑整備基金様から「緑の募金」をいただきました

    群馬県ゴルフ場支配人会、一般財団法人群馬県森林・緑整備基金主催の森林整備推進チャリティーコンペは、幅広く多くの方々に群馬県の森林整備事業の大切さを理解いただく趣旨で開催され、この度参加費の一部を「緑の募金」に寄付していただくこととなりました。
    受納式は9月30日に県庁で行われ、同会の國武会長から、井田群馬県緑化推進委員会理事(環境森林部長)に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    大変ありがとうございました。