リンク

  • 2017.11.09
    森の名手名人認定書伝達式

     平成29年度の森の名手名人に認定された角田金作さん(苗木栽培)と中澤重雄さん(特殊伐採)に八木原理事長から認定書が伝達されました。
     森の名手名人は、平成14年以降、森に関わる樵、炭焼き、木地師、大工、椎茸生産等の生業において、優れた技を極め、他の模範となっている達人を「森の名手・名人」として、毎年選定を行い、今年も全国で70名が認定されました。
     角田金作さんは50年以上にわたり優良な造林用の苗木を生産し、関係団体役員としても活躍され、習得した技術の伝承に努められました。群馬県の森林の造成になくてはならない人であり地域林業のリーダー的存在です。
     中澤重雄さんは「空師」として寺社林や民家の屋敷林など、狭い敷地内にある木を伐採。樹上でチェーンソウを使い、枝や幹を伐ってはロープなどで安全な場所まで吊り降ろす高所作業を手がけています。高所の危険な特殊伐採作業にあたり、足場の確実な確保と、チェーンソウ操作や伐倒手順を基本に忠実に安全第一に実施しています。作業に派手さはありませんが、卓越した技術を持ち安全を第一に作業に従事している姿は他の模範です。
  • 2017.10.30
    第45回巨樹・古木めぐりツアーを実施しました。
    平成29年10月29日巨樹・古木めぐりツアーを実施しました。
    台風22号の影響による降雨の中、傘を差しての見学会でしたが、森の中の巨樹が一層神秘さを増しオーラを放っていました。
    人家そばにそびえる古木も、その地域の歴史と文化を象徴するものとして威厳を持っていました。
    事務局の私は今回初めての添乗でしたが、引き続き、これら巨樹古木を守ってゆかなければならないと意を新たにしたところです。
    参加された皆様には雨の中、足下の悪い中熱心に樹木医さんのお話を聞いていただきました。
    専門家の解説で、新たな発見も多かったと思います。
    今回抽選にもれた方も、次回また是非ご応募いただき、群馬の誇れる巨樹古木に触れていただきたいと思います。

    今回は以下のコースで実施しました。

    ①吾妻コース
     県前橋合同庁舎 → 下郷の大桑 → 金蔵寺のシダレザクラ → 甲波宿禰神社の大ケヤキ   → 泉龍寺のコウヤマキ → 三島神社のスギ → 雙林寺の大カヤ・千本カシ → 県前橋合同庁舎

     ②東毛コース
     県前橋合同庁舎 → 富士見町横室の大カヤ → 赤城神社のたわらスギ → 反町薬師のクスノキ → 浄蔵寺の大イチョウ → 境高校のトウカエデ → 連取の笠松 → 県前橋合同庁舎

     ③西毛コース
      県太田合同庁舎 → 妙義神社のコウヤマキ・シラカシ → 貫前神社のスギ・スダジイ → 甘楽町のムクロジ・御殿桜 → 仁叟寺のカヤ → 水宮神社のケヤキ → 高崎市萩原の笠松 → 県太田合同庁舎
     ④利根沼田コース(写真をクリックすると大きくなります)
      県太田合同庁舎 → 薄根の大桑 → 迦葉山馬かくれスギ → 発知の彼岸桜 → 沼田公園のクヌギ・御殿桜 → 上津の姥桜 → 村主神社の大ケヤキ → 県太田合同庁舎
  • 2017.10.13
    今年も群馬県ゴルフ場支配人会、(一財)群馬県森林・緑整備基金様から「緑の募金」をいただきました

    群馬県ゴルフ場支配人会、一般財団法人群馬県森林・緑整備基金主催の森林整備推進チャリティーコンペは、幅広く多くの方々に群馬県の森林整備事業の大切さを理解いただく趣旨で開催され、今年で5回目の開催となりました。
    今回その参加費の一部を「緑の募金」に寄付していただくこととなり、受納式を10月13日に県庁で開催しました。
    同会の國武会長から、八木原群馬県緑化推進委員会理事長、須藤理事(群馬県環境森林部長)に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    大変ありがとうございました
  • 2017.07.14
    平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」の決定について
     平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」について7月4日に開催された緑の募金運営協議会で
    申請があった7団体の活動内容について審議しました。
     書類審査等の結果、県内で活動が計画された以下の7団体のボランティア活動を支援することとしました。

     1 NPO法人 ぐんま緑のインタープリター協会
     2 NPO法人 フォレストぐんま21
     3 やまづくりくらぶ
     4 ステップアップくろほね
     5 里山クラブ
     6 桜並木里親の会
     7 農Cafe

  • 2017.5.20
    第71回群馬県植樹祭が開催されました

    「小さな芽 未来へつながる 希望の木」をテーマに第71回群馬県植樹祭が平成29年5月20日(土)多野郡神流町の神流川公園で開催されました。
    当日は天候に恵まれ1000人余りの参加をいただき盛大に実施されました。

    主催は、群馬県 神流町 (公社)群馬県緑化推進委員会 関東森林管理局 群馬県林政推進協議会 (一財)群馬県森林・緑整備基金 多野藤岡郷土緑化推進委員会 多野藤岡林業振興協会の8者です。
    9時30分からのオープニングアクトでは神流龍神太鼓の皆さんによる創作和太鼓演奏に続き、オハイアリィ神流の皆さんによるフラダンスが披露されました。
    10時からの式典で 群馬県知事による主催者代表挨拶、神流町長による開催地歓迎挨拶に続き、表彰が行われました。
    受賞者は、今回のテーマである緑化運動標語に採用された 茅野瑞希さん(前橋市立東小学校)とポスター原画に採用された 石井湧我さん(前橋市立第五小学校)が知事から表彰状を授与され
    緑化功労者として NPO法人神流町づくり衆紙ふうせん(神流町)紫陽花を育てる会(下仁田町)南橘地区自治会連合会(前橋市)の3団体が表彰されました。
    その後来賓と出席いただいた県議会議長や国会議員に皆様から祝辞をいただいたのち、万場町立万場小学校緑の少年団の 茂木陽さん新井咲里さんによる緑のメッセージの発表がありました。
    来年第72回群馬県植樹祭の開催が予定されている安中市長と神流町長とのリレーセレモニーとして少年団との苗木の交換が行われ、次期開催地として安中市長からの挨拶をいただき、式典は閉会し、引き続き対岸の植樹地で参加者による記念植樹が行われました。
  • 2017.05.26
    セーブオン様から「緑の募金」をいただきました

    株式会社セーブオン様より、105万円を超える寄附金の贈呈がありました。
    同社は、群馬県との地域活性化包括連携協定の一環として、平成29年1月17日~3月31日に群馬県内全店舗181店で緑の募金箱の設置に御協力いただきました。
    受納式は4月20日に県庁で行われ、同社の萩原群馬地区統括マネジャーから、須藤群馬県環境森林部長に手渡されました。
    ご寄付いただいた「緑の募金」は、県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
    株式会社セーブオン様、店頭でご寄付いただいた県民の皆様、大変ありがとうございました。
  • 2017.05.01
    平成29年度「緑化ボランティア活動補助事業」の公募について
    (公社)群馬県緑化推進委員会では、ボランティア団体が県内で行う自主的な森林づくり及び郷土緑化推進活動に対し、緑の募金の予算の範囲内でその活動に必要な経費の一部を交付する「緑化ボランティア活動補助事業」を行っています。この度、幅広い民間の非営利団体等の主体的・多様な参加を図るため、事業の公募を実施しますのでご案内いたします。

    1 募集期間 平成29年5月16日(火)から平成29年6月15日(木)まで(消印有効)

    2 交付対象 ボランティア団体が実施する森林づくり及び郷土緑化推進活動
           (詳細は「緑化ボランティア活動補助事業実施要項」の交付対象を参照のこと)

    3 事業期間 平成30年3月10日まで(実績報告書を平成30月3月15日までに提出していただきます)

    4 応募方法 「緑の募金実施要領」の別記様式3緑の募金事業認定申請書に「緑化ボランティア活動補助事業実施要項」別紙様式1実施計画を添付して、(公社)」群馬県緑化推進委員会に提出してください。

    5 審査会  申請内容については、第三者機関である「群馬県緑の募金運営協議会」で審査します。
           なお、審査基準を添付しましたので、申請に際しては事前にお読みください。

    6 結果発表 審査後、文書で通知いたします。(7月中旬を予定)

    7 その他  緑化ボランティア活動補助事業実施要項を平成28年4月1日付けで一部改正いたしましたので、注意して下さい。


    PDF緑の募金実施要領   PDF PDF緑化ボランティア活動補助事業実施要項
    PDF緑化ボランティア活動補助事業審査基準
  • 2017.04.17
    第44回巨樹・古木巡りツアーを実施しました
    県内各地には、悠久の時によって育まれた巨樹・古木が数多く存在します。
    これらの木々は、昔より地域の人々の営みを長い間見守ってきた歴史の証人であり、振興の対象あるいは地域のシンボルとして、人々の精神的な支えにもなってきました。
    「巨樹・古木巡りツアー」はこれら県内各地にある巨樹・古木を樹木医の解説により巡る日帰りバスツアーです。
    4月9日(日)は午前中は少し雨模様でしたが、午後は回復し、有意義な一日となりました。
    各コースごとの概要は、次のとおりです。

    ≪吾妻コース≫

    前橋合庁→下郷の大桑→金蔵寺のシダレザクラ→甲波宿禰神社の大ケヤキ→泉龍寺のコウヤマキ→三島神社のスギ→雙林寺の大カヤ・千本カシ→前橋合庁


    ≪東毛コース≫

    前橋合庁→横室の大カヤ→赤城神社のたわらスギ→反町薬師のクスノキ→浄蔵寺の大イチョウ→境高校のトウカエデ→連取の笠松→前橋合庁


    ≪西毛コース≫

    太田合庁→妙義神社のコウヤマキ・シラカシ→中正寺のシダレザクラ→仁叟寺のカヤ→水宮神社のケヤキ→萩原の笠松クロマツ→→太田合庁


    ≪利根沼田コース≫

    太田合庁→しばぎわのシナノキ・大イチイ→吉祥寺のヒメコマツ→発知の彼岸桜→馬かくれスギ→薄根の大クワ→太田合庁